オークションにはノークレームでお願いしますという一文が付けられていることが多いです。これはクレームを入れないでほしいという意味なのですが、あまりにも状態が違う物についてはクレームを言わなければなりません ノークレームは些細なことに関して適応できる物であって、明らかに違う物に関しては別です。状態を詐称して販売していたのであれば、それは立派な犯罪なのです。クレームに応じないようなら、あらゆる措置を考えていく必要があります オークションでクレームを出してもいいのは、状態が異なっていたり、商品が間違って送られてきた時です。この場合は明らかに違うものを提供したことになりますので、クレームを出すべきだと思います ただ箱がつぶれていたり、何らかの原因で配送が遅れていた場合にクレームを出すのはよくありません。これはノークレームの範囲内になってしまい、相手の方から悪い評価を付けられてしまう可能性もあります。言える範囲のことをクレームとするのが一番いいことなのです