防犯性は、住宅では重視される点の1つだと思います。 そもそも住宅の役割の1つは、人間を外部の様々なものから守ることです。それは雨や風などの外的環境もそうですが、誰か外敵から守ってくれる役割もあるものです。 その証拠に、住宅には鍵があります。鍵の本質は、やはり外敵からの侵入防止です。鍵をかければ、住宅の中には外的は入れないものです。最近は電子錠などが設置されている住宅も多いものですが。 鍵が住宅に設置されているという事は、住宅には「居住者を外敵から守ってくれる役割がある」ことの表れと言えます。 このため住宅では、しばしばセキュリティ性が重視されるものです。住宅のセキュリティーのシステムは、色々あります。ドアホンもそうですし、オートロックも侵入防止の役割があります。また住宅によっては、入口にガードマンが立っていることもあります。タワー型のマンションなどでは、入口付近にガードマンが常駐していることも案外多いものです。 つまり住宅というのは居住者を外敵から保護するものであり、セキュリティが重視されている居住空間という訳なのです。