実際にコンピュータのディスプレイの前に座りいつも上がったり下がったりしている為替相場を見ると、直ちに売り買いをしなくてはいられないという欲求に突き動かされる場合も少なくないだろう。だがしかし、不確かな勘でエントリーすることは間違ってもしてはいけません事実、為替相場は昼夜を問わず、どういう時でもどこかの為替市場は動いているし為替相場も休みなく動いています。しかし、考え無しにトレードを繰り返しているとその回数だけ損をする率が高まってしまう。当たり前ですが、売買の回数を積む事で勝つ確率が半々になるのは周知の通りです。でもこの事は「漠然としたアイデアで売買」してしまうこととは別の話だ。トレード回数を積み重ねるということは自分自身が「ここがチャンス」と直感した勝機を得られた状況での売り買いの回数を積むという事を言っています。格段の理由がなく、絶え間なく売り買いを繰り返すのとは明らかに違う。相場の駆け引きに敗北しないためには自ずから考えて緩急をつけることが大事だ。「ここは!」と思い至ったマーケットの時には、迷わず所有ポジションを積み増して、覚悟を決めて利益を求めます。「明らかに悩ましいマーケットでどう上げ下げするのか理解できないな」と思った時は観念して保持ポジションをひとつ残らずクローズして黙っています。それぐらいのテンポでやった方が、結果的に売り買いはうまくいくものだ。外国為替相場の名言には「休むも相場」というものがあります。実に言葉どおりだと感じます。為替取引とは常時売買ポジションを所有する事が大切ではなく、何も所有せずじっとしていることも状況によっては必要です。それでは、どういう場面で休みどきなのでしょうか。ひとつは、前述の通り、直近の外国為替市場が明確に良く見えない時です。どうなるのか決断できない時は考え無しで行動すると、自分自身で作った台本とは反対の方向にマーケットが向ってしまい損失を被る事になります。そういう時はポジションを諦めそのまま様子を見ているのが最良の方法です。次に、あなたの健康状態がすぐれない時。体の状態とマーケットに関係ないと考える人もいると思いますが実際には考えている以上に関係あります。体調がすぐれなければ、相場の判断しなければいけない局面で正しい判断を下すことが出来ない場合があります。興味がわかない時はトレードから目をそらす事も肝心な事です。