予想外に突然出会うのが事故です。77-10-55

その状況でどんな処理するかが要因となり、自動車保険料の支払いもかなり差が出る場合も想像されますので的確な判断と対策が重要です。77-4-55

予期せぬ状況に出会って混乱してしまったとしたら大事な工程を見落してしまい、先々己が損を受ける場合も予測できるので乗用車の事故をしてしまったケースは正しく以下に記述した作業をします。77-17-55

自動車の事故に遭遇した場面で第一にする必要があるのは負傷した人の有無を確認する必要があります。77-18-55

自動車事故の後は気が動転するあまりショック状態になってしまうことがあり直ちに行動を起こせないのが普通です。77-7-55

負傷者がいたら危険が少ない地点に移動して応急処置を行い119番通報するなどを行い怪我人最優先に努める必要があります。77-9-55

救急車に連絡する時には適切な位置を知らせて、分かりにくい場所では周りの目を引くスーパーや交差点を知らせ事故が起こった位置が分かるようにします。77-19-55

2番目に警察署へ知らせて車の事故が起こった事と現状を告げます。77-15-55

救急車と警察を待つ間に怪我人のことを聞きます。77-20-55

名前、住んでいるところ、免許証番号、車のナンバー相手の自動車保険会社名などそれぞれの情報をやり取りします。77-6-55

その時事故の相手にミスがあったような状況では現場で処理するケースがありますがその場で処理するのではなくどのケースであれ警察や保険の会社に届け、きちんとチェックしてもらう事が欠かせません。

それぞれの情報を教えあったら車の邪魔になることをやめるために障害物を道路からどけます。

万一障害になる物が通りかかった人の自動車の障害物になっている状態では、それぞれの情報の交換をするより早くその作業を完了させても問題は起こりません。

ここで自分の掛金を支払っている自動車の保険会社に連絡して交通事故が発生したことを連絡します。

事故から特定の期間内で保険会社に電話を入れておかないと保険の適用除外にされる状況も想定されるのでなるべく早く電話を入れることが大事です。

可能であれば事故現場の様子としてスマホなどを使って状況や自動車の破損の写真を写しておきます。

その写真は過失のパーセンテージ決める際にかなり重要なデータとなるので自らの自動車や相手方の愛車の壊れた箇所をきちんと写真に残しておくことが大切です。

その場面で目撃した人がいたらおまわりさんや保険会社の人が来るまで事故現場にいてもらうように話しておくことも重要です。


77-2-55 77-12-55 77-8-55 77-1-55 77-13-55