自己破産の申告を行ってしまうと会社の社員たちに気付かれてしまわないだろうかなどと心配に真剣に思ってしまっている人もいるようですが自己破産の手続きを実行してしまっても裁判所から勤務先などに連絡が直ちにいってしまうことはまずないので、一般的な場合の状況なら知られてしまうことはあり得ません。78-1-55

また普通の話ならば自己破産というものの申請の後ならば、貸し主から会社に催促の書類が送付されるといったようなこともありません。78-16-55

ただ自己破産の申立てを裁判所に対して訴え出るまでの間は金融会社から部署の人間に通達がなされることもあり得ます故そのような発端で知れ渡ってしまうことが考えられますし月々の給金の回収をされてしまうと当たり前ですが会社の耳に入ることになります。78-19-55

そういったことに対する不安が頭から離れないのであれば、専門の司法書士や弁護士などといった専門家に自己破産申告の依頼をすることを検討するのがよいと思われます。78-20-55

司法書士あるいは弁護士などの専門家に頼んでみるのであれば、まず全債権者に受任通知を知らせる書類郵送しますがその受任通知書が届いた以降は金融会社が借りた人本人に向けて返済の督促を返済の催促を実行してしまうことは固く違法とされ禁じられているため、勤め先に露見してしまうという事態もまずないと言えます。78-6-55

加えて、自己破産の手続きを理由に今の会社をやめなければならなくなってしまうのか、でありますが、役所の戸籍または住民票に掲載されることはまったく考えれませんので、通常であれば勤務先に知られてしまうような事態はないでしょう。78-5-55

もし、自己破産を行ったことが自分の上司に知られてしまっても自己破産の手続きをしたこと自体を理由として勤務先からクビにするといったことは考えられませんし、辞めてしまう必要性も全然ないと言えるのです。78-17-55

ですが自己破産申立てが会社の同僚にばれることで職場に居づらくなって自主退職することがしばしばあるというのも本当です。78-7-55

給金の回収に関して民事執行法の中で差押禁止債権の内に給料や賃金などというものを制定されており、これらの債権に関しては4分の1しか押収を許可してないのです。78-12-55

ゆえに3月4日においては回収するということは出来ないのです。78-18-55

なお、民事執行法では、ごく普通の一個人の不可欠な生計費を算出して政令によって基準となる額(33万円)を設定しています故、それより下は25パーセントにあたる金額しか押収できないように設定されています。

よって、借り主がその金額以上の給金を手にしているのであればそれより上の給金において接収することが可能です。

ですが破産に関する法律の改正により債務返済に対する免責許可の申請があり、財産がないことを証明する同時破産廃止の適用などが認められ破産申告の妥結が既に決まっていれば、支払いの免責が認定され、確定的になるまでは、破産を望む人の財貨などに対して強制執行や仮差押え・仮処分の適用などができなくなり、すでに執行された仮押えなどについても取りやめるということになりました。

加えて、債務の免責が確定、決定された場合には時間的にさかのぼって終わっていた強制執行などは実効性を失います。


78-3-55 78-11-55 78-15-55 78-10-55 78-2-55